勃起しない場合は食生活の改善でペニス増大を

勃起しない状態ではセックスをすることができません。
ペニスが立たなければ挿入自体が難しいですし、挿入できても快感はほとんど感じないでしょう。
男性以上に女性が不満を感じるので、セックスを拒否するようになる可能性があります。
EDのデメリットは非常に大きく、これが原因で夫婦仲が悪くなったり、不妊状態を引き起こしたりします。

勃起しない状態を改善するには、病院で治療を受けるのが一番確実です。
ED治療薬は即効性が高く、すぐにセックスしたい状況で適しています。
ただ、常にED治療薬に依存する生活はおすすめできません。
薬の処方には保険が適用されませんし、勃起しない状態を根本から治すことはできないからです。
完治させるためには、生活改善をしてペニス増大をさせていきましょう。
生活改善の中では特に食生活の改善が重要となります。
人間は食生活から栄養を摂取し、身体の健康を維持しています。
食生活のバランスが悪くなると、血流障害を引き起こして勃起力を減退させます。
勃起力が弱くなると、ペニスも小さくなります。
ペニス増大のためには、勃起力を年齢相応に発揮させる必要があります。
EDに悩んでいる男性の多くはペニスのサイズも小さいと自覚していますが、実際は小さいのではなく勃起力が足りないだけのケースが多いのです。
ペニス増大のためには、食生活で肉類の摂りすぎを避けて、野菜を多く摂るようにしましょう。
ただし、タンパク質が不足すると精力減退を招くので、大豆や魚はたっぷり食べてタンパク質を補給しましょう。
タンパク質は筋肉の原料にもなるため、精力減退を回避するためにも役立ちます。
筋力が低下してくると、勃起力を維持できなくなるので注意しましょう。