ペニス増大のための薬の選び方

ペニス増大の直接的な薬は大きく分けて、二種類あります。

一つは男性ホルモン分泌を促進させるタイプのもの。
もう一つは血流を促進させるタイプのものです。

男性ホルモンの分泌を促進させるタイプのものは、男性ホルモンの生成量が少なくなっている時の薬です。
亜鉛やマカトンカットアリなどが成分に使われています。
男性ホルモンとは、精子を作ったり、性欲を感じたりするホルモンです。

男性ホルモンの減少の原因は、加齢ばかりではありません。
最近は若い男性でも、日常生活の乱れや、ストレスなど、さらにはミネラル不足によって男性ホルモンの分泌量が減っています。
「性欲や体力が足りない」、「元気がない」「だるい」といった時に選びます。

もう一つの血流を促進させるタイプのものは、性的興奮はしているが、勃起力がないときに選びます。
原因は加齢はもちろんですが若くてもストレス、喫煙習慣などによって起きることがあります。
ペニスの勃起に必要な血流が停滞することで起きます。
そんなとき、末梢血管、とりわけペニスに血流を促進させるためのものです。
成分はシトルリン等がありますがそれらはED対策の医薬品として処方される場合もあります。

このように、ペニス増大の薬には男性ホルモン生成を目的としたものとペニスの血流を促進するためのものがあります。
それらは、「性欲を感じない時」と「性欲は感じているが勃起力がない時」に分ける選び方がよいでしょう。

最後に、ペニス増大の薬の選び方で注意することは、薬事法で禁止されている医薬効果を謳ったり、広告をしている健康食品やサプリメントがあります。
そのため、できれば、信頼できるところから買い、その効果を自分で確かめて自分にあった商品の選び方が一番よいでしょう。